薄毛(脱毛)の原因と対策

フィンペシア,効果,口コミ,ジェネリック,育毛
私たちの髪には成長のサイクル(ヘアサイクル)があり、そのなかで自然に起こるのが生理的脱毛です。
個人差がありますが、1日約50~100本程毛が抜けるといわれます。
男性型脱毛で最も多いタイプで、男性ホルモンの影響によりヘアサイクルに乱れが生じ、薄毛へとつながります。
一方、血行不良ストレス皮脂といった間接的な要因が、健康な髪の成長を妨げることもあります。
年齢とともに頭髪が薄くなるのは、老化によって髪を作る細胞の活力が低下するためとされています。
髪の健康を維持するためには、正常なヘアサイクルを保つことと頭皮状態を整えることが重要です。

強い髪の毛を育てるためには

育毛,発毛,方法

では、強い髪を育毛していくには具体的にどうしたらいいのでしょうか。
知りたい人も多いと思います。
薄毛を改善するため、どのようにして育毛(発毛)をしていけばいいのか、下記に紹介していきます。

育毛(発毛)の方法①:【タバコを辞める】

育毛,発毛,方法,生やす

生活習慣を正すことは、育毛(発毛)方法において基本です。
育毛剤で抜け毛が減らないと言う人は、
生活習慣に問題があるかもしれません。
例えば、タバコです。
AGA(男性型脱毛症)を気にしている人は、頑張って禁煙することをおすすめします。
私はタバコを止めたことで、育毛に加速が付きました。
喫煙による髪や頭皮への悪影響は、説明するまでもないでしょう。
しかし、タバコが育毛(発毛)によくないと分かっていながらも辞めるのは難しいと思います。
私もタバコは育毛(発毛)を邪魔するからよくないと気にしながら吸い続けました。

「止めたい止めたい、髪の毛もヤバイし、止めたいよ~。」

しかし、そうこう言って吸い続けている間に、ハゲてしまいました。
タバコを止めたいと考えている人は、薄毛とタバコの関係についてしっかりと考えてみる必要があると思います。
タバコが100パーセント薄毛に繋がるとは言いませんが、タバコを吸うことで育毛(発毛)だけでなく、他の生活習慣にも悪影響を及ぼしやすいです。
食欲が無くて栄養バランスが乱れたり
皮脂分泌が増えて頭皮が不潔になったり
お酒の量が増えてしまったり
眠れなくなったり
タバコを吸うことで人によっては色々な悪影響が及ぶ可能性があります。
AGA(男性型脱毛症)が気になる人は禁煙すると育毛(発毛)を効果的に行えるだけでなく、身体全体が健康的になれます。
育毛(発毛)の方法として禁煙に取り組む事は、とてもお勧めです。

育毛(発毛)の方法②:寝不足を改善する

育毛,発毛,方法,生やす

寝不足が続いていませんか?

「仕事が忙しくて、最近慢性的に寝不足だよ~。」

という人も多いでしょう。
しかし、薄毛を気にしているのであれば、これは注意が必要です。
睡眠不足は髪の毛にも悪影響を及ぼします。

少し細かい話をすると、成長ホルモンの分泌が減ってしまう事が髪の毛の成長を抑制してしまい、抜毛の原因となります
また、寝不足になると皮脂の分泌も増えるといわれています。
皮脂の分泌が増えてしまうと抜け毛の原因につながりますので注意しましょう。
最近抜け毛が増えたなぁと感じる人で、睡眠不足を感じている人は早急に見直した方が良いでしょう。
睡眠は夜の10時から朝の2時の間が成長ホルモン分泌が活発になります。
この時間帯の睡眠を意識して、心身ともにリフレッシュさせましょう。

育毛(発毛)の方法③:有酸素運動をする

育毛,発毛,方法,生やす

育毛(発毛)の為にも、運動不足を解消しましょう。
特に社会人になれば、

「仕事に追われて運動なんてしてられない。」
「時間も体力もないよ。」

といった人も少なくないでしょう。
確かに、気持ちは分かります。
しかし、簡単な運動でもしたほうが髪の毛も体も改善されていきます。
簡単な運動としてお勧めなのが、有酸素運動です。
有酸素運動とは、上手に酸素を消費しながら呼吸を確保する運動です。
例えば、ウォーキングやジョギング、水泳や自転車など、これらを軽めの運動を有酸素運動と言います。

有酸素運動は、一般的に20分以上は必要だと言われています。
ただ、ダイエット目的でなければ20分未満でも健康維持目的には良いと言われています。
というのも、有酸素運動で20分以上しないと皮下脂肪や内臓脂肪は消費されにくいと考えられているからです。

ドロドロ血液解消のために、自分に合った適度な運動を心がけましょう。
逆に激しい運動は活性酸素を取り込みすぎるため、逆に宜しくないでしょう。
無理のない適度なラインが一番です。

育毛(発毛)の方法④:育毛(発毛)を促す育毛剤を使う

育毛,発毛,方法,生やす

育毛(発毛)を促す育毛剤は多数存在します。
その中でも有名なのがTVCMなどでも紹介される、スカルプケア剤でしょう。
頭皮と毛根の汚れや老廃物を取り除いて育毛(発毛)成分を浸透させることで、健康な髪を育む頭皮環境を整えます。

育毛剤の効果的な使用方法

  • ①夜、ゆっくり湯船につかり入浴
  • 湯船にゆっくりつかり体を温める事で、
    血流がよくなり、育毛剤の成分を吸収しやすくなります
    また、毛穴も開いてくるため
    洗髪時に汚れやフケが落ちやすくなります。
    朝より夜がいいのは、
    副交感神経が活発に働く夜に
    育毛剤を使用した方が、効果が高まるためです。

  • ②.正しいシャンプーの仕方で毛穴の汚れを落とす
  • 頭皮や毛穴が汚れていると、
    育毛剤が十分に浸透することができません。
    正しいシャンプーの仕方で
    しっかり汚れとフケを落としましょう。
    爪をたてずに指の腹で洗うようにしましょう。
    シャンプー前の予洗いも効果的です。
    すすぎもしっかりおこなってください。

  • ③.キューティクルを傷つけないように髪を乾かす
  • タオルドライでもドライヤーを使ってもどちらでも構いません。
    大切なのはキューティクルを傷つけないこと。
    タオルドライであれば髪の毛をこすらないでポンポンと叩くように。
    ドライヤーの場合は8割程度まで乾かしてあとは自然乾燥にしましょう。

  • ④.適量の育毛剤を直接、頭皮に塗布する。
  • 薄毛が気になる部分を育毛剤を塗布します。
    髪の毛を掻き分けて、
    直接頭皮に育毛剤がつくようにしてください。

  • ⑤指の腹で育毛剤を塗り込むように頭皮マッサージ
  • 爪を立てないように気をつけて、
    指の腹で頭皮を揉みほぐすように行ってください。
    育毛剤を頭皮に浸透させ、
    血行促進のためのマッサージをすることで
    育毛効果が期待できます。

一番早く効果的なのは育毛剤を使いながら、生活習慣の改善を行うこと。

育毛,発毛,方法,生やす

「育毛剤を使っているから安心。」

と考えている人もいるかと思います。
正直なところ、片方だけではなかなか根本的な改善には至りません。
育毛剤だけを使っても、生活改善を見なおさなければ
効果が現れるのに時間がかかってしまいます。

「育毛剤を使ったけど、すぐに効果は感じられなかった。」

という人ほど育毛剤を使っただけで満足している人が多いのです。
あなたのその薄毛は、もちろん遺伝や社会に揉まれてストレスを感じたせいもあるとは思います。
ですが普段の何気ない生活習慣の積み重ねの結果でもあるのです。
体を酷使することで、頭皮に影響が出てしまったのです。
そうなる前に、気付ければ一番いいのですが、人間は結果が現れてからしか気づかない生き物です。
しかし、気付いてから何もしない人と今からでもなんとかしなきゃと思う人では3ヶ月程度でも劇的に変化が訪れます。
諦めずに、前向きにそして地道な作業にはなりますが、根気よく生活習慣の改善にも取り組みましょう。
育毛剤の使用と合わせて生活習慣の改善を行えば、体の中から体質改善をすることが出来てかなり効果的です。

まとめ

生活習慣を見直し、体の中から改善を行うことで、脱毛症などにより効果が発揮されます
最近では通常の塗りこむ育毛剤以外にも飲む育毛剤やサプリメントなど、内側から発毛・育毛を行うものも出てきています。
自分の髪や頭皮、体質にあった商品を選び、健康的に対策を行うことでAGA((男性型脱毛症)などの抜け毛や薄毛が改善されていくのです。